炭,炭化炉.資料請求
お電話09969-3-2346 (8:00~18:00)
でもお問合わせ下さい。

クリプト対策と熱分解炉
TOPページへ戻る

スレッド式ろ過装置
~クリプト対策に

スレッドタイプの
小型濾過装置

KSS(磁場熱分解炉)
~医療廃棄物等減容化に

クリプト対策と熱分解炉
ヒラミネ、サイトマップ


炭,炭化炉,メールマガジン購読申込

ヒラミネについて

炭,炭化炉,社長とスタッフのブログ

炭,炭化炉の
株式会社ヒラミネ

〒896-1101
鹿児島県薩摩川内市
里町里3251番地
TEL:(09969)3-2346
(8:00~18:00)
FAX:(09969)3-2658、
mail:info@hiramine.co.jp

スレッド式ろ過装置~クリプトスポリジウム除去、クリプト対策に

当社のスレッド式ろ過装置は
JWRC(財)水道技術研究センター認定。
クリプトスポリジウム除去、クリプト対策に最適です。

クリプトスポリジウム除去、クリプトス対策に最適です。

クリプトスポリジウム対策に、スレッド式ろ過装置お問い合わせフォーム

ハイブリッド型ろ過システムとは

システム全体が省スペースで、浄水場の更新に最適です。
沈殿処理水を直接ろ過できます。

繊維ろ過とのハイブリッド型 スレッド式ろ過装置

繊維ろ過とのハイブリッド型 スレッド式ろ過装置

  1. 繊維ろ過とスレッド式ろ過の特徴を最大限に生かして、一体化したシステムです。( フロー図参照、注1、注2、注3)
  2. 表流水、湖沼水、湧水が対象です
    1. 通常は、繊維ろ過で除濁し、スレッド式でクリプトを除去し、濁度を2度以下※で配水します。
    2. 原水濁度が高濁度の場合のみ、前処理で凝集剤を使用し※、スレッド式ではクリプトを99.9%除去して配水します。
      ※凝集剤を使用すれば濁度を0.1以下に出来ますが、アルミ系凝集剤のPACは、環境に負荷をかけ、アルツハイマー症との関係が問題視されているので、必要最小限で使用します。
  3. 装置は自動制御で手がかかりません。メンテナンスに特別な技術は不要です。

注1
水道技術研究センターの「水道用浄水装置」としての認定(浄認第1001号 H18.6.30)を取得しています。実機によるクリプトの除去テスト(H22.3.22)では、除去率99.9%でした。

注2
厚労省の指針には、「ろ過池出口の濁度は0.1度」と記載されていますが、「ろ過池」とは急速ろ過、緩速ろ過の場合です。ろ過装置(スレッド式や大孔径膜)の場合はクリプトを99.9%以上除去できれば、ろ過後の濁度は2度以下で配水できます。PACの安全性が問題視されており、アルミの水質基準は0.2ppm以下です。

注3
厚労省は、毎年開催している全国水道専担者会議の資料に「クリプトを99.9%除去できるろ過装置であれば、急速ろ過、緩速ろ過、膜ろ過以外のろ過方法でも良い。ただし「浄水方式の変更届」の提出があれば個別に審査して承認する。」(要旨)と記載されており、スレッド式は既に各地で県の承認を受けています。

注4
急速濾過装置に、スレッドろ過装置を接続することも可能です。

ハイブリッド型ろ過システムフロー図

※1 ろ過後の濁度が2度以下になるよう前処理後の濁度を5度以下に制御(現場テストにおいて確認)します。
※2 鉄分やマンガンなどの除去は、前処理に除鉄、除マンガン装置を使用。析出した鉄分は前処理とスレッド式により最終除去します。
※3 無機系新型凝集剤エレクサイトを着水槽の前で使用すれば、ゲリラ豪雨などの急激な濁度上昇、有機物(高いBOD・臭気・高い色度など)・溶解している金属類の除去に高い効果があります。

ハイブリッド型ろ過装置のテスト結果

注)原水濁度が20度以下の場合は、繊維ろ過とスレッド式によりろ過後の濁度は1度以下になった。原水濁度が20度以上になればPACを添加し、添加量によって0.5~0.1度になった。

繊維ろ過装置

スレッド式ろ過装置

動画で見るスレッド式ろ過装置

 

濁度低減とクリプトスポリジウム除去の決定版

クリプトスポリジウムの原虫(5~8μm)は、次亜塩素酸素酸ソーダによっても死滅しないため、ろ過装置による除去対策が最も有効です。
一度感染事故が発生すれば、各世帯の飲料水の確保だけでなく、病院、飲食店、公共機関、また観光地であれば宿泊客やホテルにも影響を与え、人命にかかわる被害につながります。
これまではクリプトスポリジウム対策には膜ろ過がベストとされてきましたが、コスト面、運用面に課題がありました。
スレッド式ろ過装置は、そのような課題を克服し、砂ろ過と大孔径膜の長所を取り入れた新しい発想の濁度低減とクリプトスポリジウム除去に特化した「水道用浄水装置」です。

スレッド式ろ過装置の運用フロー例と
スレッド式と中空糸膜のSS補足方法比較

スレッド式ろ過装置「MT44P」」運転概要

クリプトスポリジウムとは

クリプトスポリジウムとジアルジア写真

クリプトスポリジウム(「クリプト」と略す。写真上)とジアルジア(写真下)は、家畜や野生動物を寄宿とする病原性寄生虫であり、湖沼、表流水、浅井戸(深井戸を含む)に生息しています。

円形の塊になっている5~8μmのクリプトは、強固な殻に守られているため、次亜塩素酸ソーダの24万倍の耐性があり、大腸菌などのように通常の塩素殺菌では死滅しません。

平成5年ミルウォーキー市(米国)では400万人市民のうち40万人が感染、400人が死亡し、平成8年埼玉県越生町では、12,000人市民のうち9,000名がクリプトに感染しました。

越生町では幸い死亡者は居なかったが、クリプトに感染すると強烈な腹痛と下痢で脱水症になり、幼児・老人・

妊産婦・病人(特にガン治療者やAIDS患者)は死亡することもあり、対策は重要です。

スレッド式のろ過装置

スレッド式のろ過装置は、目開き3μm糸巻フィルターを使用し、高圧により汚れを吹き飛ばすという画期的な洗浄方法により7~10年の長期間使用を可能にした装置です。イギリスでは浄水場に80台以上設置されており、日量4万m3以上の浄水場もあります。

スレッド式の主な特徴(MTG1台 3,800m3/日とした場合)

  1. 省エネ運転 ろ過圧0.05MPa装置が小型 (縦4m、高さ1.8m、幅1.5m)。
  2. 目開き3μmのフィルターにより、クリプトスポリジウム除去率99.9% (3ログ)。
  3. 本体装置の価格 9,500万円 
    ※ 参考別途工事(配管工事・付帯設備・濁度計・基礎・プレハブ建屋などの付帯設備 約2,100万円程度でOK)
    ※ 為替相場により、価格が変動することがあります。
  4. 完全自働運転でメンテナンスは簡単。カセットは8~10年間使用。(英国の実績)
    年間平均維持費140万円 程度(造水コスト1 円/m3前後)であり、クリプト対策機では最安価。 
  5. ろ過水量によって機種が自由に選定できる。 (m3/日)  
    MTG…2,000~3,800、MT44P…350~900、MT22P…200~300

スレッド式ろ過装置外観

スレッド式ろ過装置写真

スレッド式ろ過装置の特長

(1)クリプト対策と補助金支給

  1. 平成18年6月30日にクリプト対策が可能な初の水道技術研究センターの「水道用浄水装置」の認定(浄認1001号)を取得した。
  2. スレッド式については、市町村がクリプトをろ過して除去するろ過装置として選定し、都道府県が水道用浄水装置として認定取得しているなどろ過装置として適正であると認めれば補助金が支給される。

(2)スレッド式による濁度除去

スレッド式の対象原水は原則として地下水(伏流水)、湧水の比較的清澄な水であるが、例外的には前処理を併用することにより表流水を対象原水とすることが出来る。
なお、次の5ヶ所の実例では、原水濁度が7程度以下の低濁度であれば地下水(伏流水)、湧水の濁度を2度以下に低減することができる。

(3)今後の課題

現指針では、「ろ過装置はろ過後の濁度を0.1度とする。」 とされているが、UY装置のろ過対象原水の濁度が2度とされたことを契機に、厚生労働省は 「クリプト除去率99.9%のろ過装置であれば、ろ過後の濁度を2度とする。」 ことを検討されているようであり、スレッド式のろ過に関するデータを提供して協力することにしている。

スレッド式ろ過装置の詳細

基本事項

「MTG-3μm」は、これまで使い捨てにされていた糸巻きフィルターを自動洗浄することによって、処理対象原水の濁度などを低減するとともにクリプトスポリジウムが混入する可能性のある原水からクリプトスポリジウムなどの原虫を効率的に除去できる装置として自国消費水の75%を再生しているイスラエル国で開発された。
この「MTG-3μm」は、イギリスでも既に80台以上が設置されており、クリプトレーサーの除去率99.9%のエレメント(カセットと呼称している)を使用したろ過装置として日本に導入されている。

(1) 装置の名称  MTG-3μm

(2) 装置の概要・フロー
本浄水装置は、浄水設備本体、制御盤、洗浄設備及びその他付属設備により構成される。

(3) 装置の特徴

  1. スレッド(糸巻き)式は、従来使い捨てされていた糸巻きフィルターの表面や糸巻きの層内に堆積した夾雑物を高圧で洗浄して連続的に使用出来るようにした方法であり、その糸巻きフィルターを小型(カセット)にし、装置内部に多数収納することによって大量にろ過が出来るようにした装置である。
  2. 洗浄方法は、逆洗ではなくて、目詰りしてきたら一旦ハウジング内の水を抜いてからろ過側(カセットのろ過材の表面)に対して高圧のジェット水流を直角に吹き付けることによりろ過材表面(層内を含む)に付着した汚れや夾雑物を吹き飛ばして排除する。
  3. 流束100m3/m2・日で24時間に1回の洗浄(最大5m3使用)とすれば、日量2,800m3をろ過するためには洗浄水に5m3、捨水に4m3が必要である。
  4. 装置は洗浄ポンプ、制御盤、洗浄装置が一体化しており、システム構成がシンプルで運転制御は自動化されている。
  5. カセットの耐用年数は原水の性状にもよるが、目詰まりした時点でカセットパック(カセットを集積したもの)だけを交換する。
  6. 装置のハウジング材質はステンレスで屋外設置が可能である。
  7. 主な仕様
    MTG-3μmの仕様表

カセット(ろ過材)について

  1. カセットの構造
    カセットの構造は、溝のあるプラスチックを核としポリエステルの糸(糸径
    10μm)を巻厚1.7mmに巻きつけている多層巻き付け型である。
  2. ろ過材の材質
    スレッド(糸) ポリエステル
    カセット基材 プラスチック
  3. カセット公称目開き  3μm
  4. ろ過流束  100m3/m2・日(標準)
  5. 必要ろ過面積とその算定根拠  28m2/基(カセット3,640枚)
  6. カセットの型式 カセットを処理水管に装置する方式
  7. カセット1枚当りの有効ろ過面積 0.0077m2=77cm2
  8. カセット枚数 カセット910枚で1パックを形成 ※MT22P-JWは350枚

スレッド式ろ過装置「MT44P」」運転概要

スレッド式ろ過装置「MT44P」」運転概要

  1. 原水は原水入口から装置内部に圧送され、カセット(ろ材)の外側から内側へとろ過されます。ろ過水はコレクターパイプに集まり、ろ過出口へと流れます。
  2. 微粒子はカセットの表面及び内部において補足され、設定差圧値もしくはタイマー時間に到達すると自動的に洗浄工程が開始されます。
  3. 洗浄は通水をいったん停止して装置内部を排水し、次に洗浄スプレーシステム(図1参照)からの高圧ジェット水によるジェットスプレー(図2参照)をカセットに吹き付けて、カセット表面及び内部に堆積した微粒子を確実に除去します。
  4. 全てのカセット洗浄が完了すると自動的に捨水行程に移ります。捨水はハウジング内の微粒子を洗い流し、捨水行程が完了すると再びろ過運転行程に戻り、次回の洗浄開始まで待機します。

【オプション】 濁度計

浄水・膜濾過水またはプール水などの試料液中の濁度を高精度に測定します。サブミクロンの微粒子を測定することにより、超低濁度域まで優れた直線性を示します。
ご注文は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

濁度計

【オプション】 残留塩素計

主に上水道等の遊離残留塩素を連続測定するコストパフォーマンスに優れた残留塩素濃度計です。
測定部は、回転式や微振動型とは異なる機械的駆動部を有さないシンプル構造で、ビーズによる機械的研磨洗浄と外部操作により電気化学的洗浄機能を併用することで電極の化学的汚れも防止でき、長期間安定した動作をお約束します。
ご注文は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

特長

残留塩素計

クリプトスポリジウム対策に、スレッド式ろ過装置お問い合わせフォーム